エイズが増えているのは、先進国で日本だけ??

HIVエイズもどこか人ごとって思っている方が多いと思いますが、日本国内では羅患者が増え続けているのが現状です。

 

他の先進国では性教育が徹底されてきているので、羅患者は減少傾向なのです。

 

先進国の中で感染している患者が増え続けているは日本だけと言う悲しい現実・・・。

 

泌尿器科の看護師のお話です。

 

私は泌尿器科に勤める現役ナースです。

f:id:afiliceo:20170412141108j:plain

ちょっとマイナーな泌尿器科の仕事ですが、私はとても興味深くて楽しい科だと思います。

 

泌尿器科って、膀胱炎とか腎盂炎とか尿道炎とかひん尿とか・・・そんな患者さんが多いイメージですが、実は性病の相談がとても多いんですよ。

 

性病はエイズも含めて確実に増えていますし、検査や相談を受ける方も増えています。

 

性病には色々な背景があって、人生模様が見えると言うか、とても奥深いものなんですよ。

 

そんな所に興味を持つ私も変わりものなのかもしれませんが、色々な患者さんがいて本当に飽きません。

 

エイズノイローゼになる前にいろいろやる事あるよね・・・

f:id:afiliceo:20170412141313j:plain


性病やエイズを心配されている方は、それなりに身に覚えがある行動をしている事が多いのですが、一度自分はエイズかもしれない!自分は何か重大な性病かもしれない!と思いこむと、それこそノイローゼの様に思い悩むことになります。

 

エイズは思い当たる出来ごとがってから抗体が出来るまでに時差がありますから、それまでの間や、検査結果を待っている間は強迫観念に駆られて大変なことになります。

 

本当に色々な患者さんが相談に来るのですが、どんな出来ごとがありましたか?心配事はなんですか?なんていう問診には、事細かく体験が書いてあります。

 

男性の場合は、そりゃぁ性病の心配もするだろう・・・と思ってしまう様な生活を送っている方も多いものです。

 

風俗通いが趣味と言う男性が、急にエイズの不安が強くなって来院したり、上司に連れられてヘルスに行ったけど自分はエイズに感染しているに違いないとか、ナンパが好きで1000人斬りは達成したと言う男性がある時ふっと不安になってエイズノイローゼになって来院とか・・・色々な方がいますね。

女性は風俗関係の仕事をしている人が多いのだけど

f:id:afiliceo:20170412141520j:plain

女性は風俗関係の仕事をしている方の相談が多く、実際に性病が見つかるケースも多いです。

 

先日も風俗関係の仕事をしている女性が相談に来ました。

 

問診には、ピンサロとかフェラチオとか生なましい言葉が沢山出て来て、ちょっと戸惑いました・・・。

 

ピンサロで働いていて、口内炎や歯肉出血がある時にフェラチオをしてしまったけど、エイズに感染していないだろうか??とノイローゼ状態でやって来ました。

 

検査の結果はエイズは陰性でしたが、それ以外の性病にはかかっていました。

 

最近は、風俗関係の人の患者も増えてきました。

f:id:afiliceo:20170328094340j:plain

エイズ患者さんは、日本国内には1万人ほどいると言われていますが、検査をしていない方も含めるとこの数倍はいると考えられます。

 

性にオープンになった事もあり、気軽に性行為をしてしまう若い子も増えています。

 

先進国ではエイズ患者さんが増加を続けているのは日本だけです。

 

エイズだけではなく、性病が原因で不妊症になったり、男性不妊の原因にもなります。

 

性がオープンになりすぎて、性病の羅患者も増えている現状です。

 

もはやエイズは、同性愛者や風俗で働いている人だけの特別な病気ではないのです。

 

性病を患っている状態だと性器が傷ついているので、HIVの羅患率が跳ね上がります。

 

性病を甘く見ていると、HIVなど命に関わる病気になる可能性が高くなりますよ。

 

しっかりと知識をつけて、適切な対処法で防ぐ事が出来るのが性病です。

 

エイズの拠点病院について

f:id:afiliceo:20170412142411j:plain

エイズの拠点病院になっているので、HIV陽性の方が入院されてきます。

 

私が病棟に勤務していた時、まだ30代のHIVの方が入院されてきました。

もう数年前の話なので、今ほど治療法が確立されていなくて、当時はかなりかなり状態が悪くなっていました。

 

HIVに感染してもすぐにエイズを発症する訳ではなく、感染から数年から長い方だと10年以上(今ではそれ以上)経ってからエイズに移行していきます。

 

現代の医学でもエイズを完全に完治させる治療法はありませんが、エイズを発症するまでの時間を延ばせるようになってきています。

 

エイズが発症した状態になると、全身の抵抗力が落ちて、私たちが日常生活で触れているありふれた菌などに感染したり、風邪や虫歯が命取りになってしまいます。

 

私が印象に残っている当時30代の男性患者さんは、かなり病状が進んでいたので、重度の感染症を起こしていて、皮膚のちょっとした傷口から無数の細菌が入り込んで、皮膚が当たる場所(主に背中や臀部)の皮膚がただれて、でも治癒力が全くないから、浸出液が大量に出て、皮膚が溶けるような感じでベッドに張り付いてしまって・・・。

 

処置をする際にも浸出液から私たち医療者が感染してしまう事も考えられる為、厳重に手袋・ガウン・マスクをして物々しい厳重装備で看護をしていました。

 

ちょっとした雑菌で命取りになるので、面会謝絶。

 

本当に苦しい治療だったと思います。

 

結局、全身の皮膚が溶けるようになってしまい、患者さんは数日後に亡くなりました。

 

とても印象に残っていますし、この時にエイズHIVは本当に恐ろしい病気だと知りました。

 

 

まとめ

f:id:afiliceo:20170412142216j:plain

エイズを含めた性病は特別な病気ではなく、時には死に至る病気です。

 

感染すると怖い病気であることは間違いありません。

 

しかし、正しい知識を身に着ければ予防ができる病気でもあります。

 

まずは、知ることから始めることが大切だと改めて認識させられました。

子宮けいがんを克服した看護師の体験談

f:id:nurse48:20170410153411j:plain

この記事は子宮けいがんを克服した現役ナースのお話です。

 

現在は再発もなく看護師として復帰をする事が出来ました。

 

一時は絶望で暗いトンネルの中から抜け出せない日々でしたが、その時には想像も出来なかった看護師として復帰すると言う目標も果たせましたし、私と同じく子宮けいがんで悩む方に、少しでも励みになればとこの記事を書くことにしたそうです。

 

私が子宮けいがんを宣告されたのは、今から3年ほど前の事です。

f:id:nurse48:20170410153650j:plain

当時は32歳で初めての子どもを妊娠して喜びの絶頂にいました。

 

30歳で結婚して、しばらくは仕事を辞める気もなくバリバリと働いて、そろそろ子どもが欲しいな~と思っていた矢先に妊娠(#^.^#)

初めての妊娠で本当に嬉しくて、旦那にはもちろん、家族や友人にもすぐに報告をしました。

 

私は気が早い所があって、妊娠したと分かったらすぐに、新生児用のかわいい服を買って喜びに浸っていました。

 

そして周りの方のアドバイス通りに6週に入るとすぐに、自宅近くの人気のクリニックを受診しました。

 

予定日が分かるのかな??きれいな病院だな!!なんてワクワクしながら待合室で待っていました。

 

初診の時には問診、エコー、内心などを行い、感染症のチェックや生活習慣病のチェックなどの為に血液検査や採尿を行い、また子宮がんの有無を調べるために細胞診が行われました。

 

子宮けいがんは初期はほとんど無症状

f:id:nurse48:20170410153722j:plain

子宮けいがんは初期はほとんど無症状であるため、定期的に検診を受けて見つけるか、妊娠中の検査で偶然発見されるかと言うパターンが多いとの事です。

 

症状が出てくる頃には、病期はかなり進行しているので、リンパや肺などに転移しているケースが多くなります。

 

初診の際は次の診察までに4週間ほど空くので、特に問題がない妊婦さんなら普通に生活を送ることになります。

 

ところが・・・・私は初診から2週間ほどした時、クリニックから至急病院に来るようにと連絡がありました・・・。

 

私は一体何が起きたのか理解出来ず、まさか先日の検査に問題があるなんて思いもせずに、言われるがままにクリニックを受診しました。

 

クリニックに行くと、ドクターから信じられない言葉が・・・・。

f:id:nurse48:20170410153808j:plain

「先日の細胞診で異形成が見つかりました。精密検査が必要です。がん化している場合は、妊娠の継続は難しいかもしれませんし、治療には子宮摘出もあり得るかもしれない」・・・・・。

 

えええええ????????

 

だいたいの予定日も分かり、ワクワクして幸せな気持ちだったのに、ガラガラと崩れていき、一気に絶望の淵に落とされたような感覚でした。

 

その後、大学病院を紹介され受診し、精密検査を受けました。

 

結果は、ただの異形成ではなく「Ia2」の段階で、すでにがん化していました。

 

子宮けいがんはがんの浸潤の程度により「0期(子宮頸がんは表面に限局している段階)」と1期、少し浸潤している段階を「I期」としています。

 

さらに、このI期をがんの拡がりと浸潤の深さによりIa1, Ia2, Ib1,Ib2 と細かく分類しています。

 

つまり、私はすでに浸潤している・・・。

f:id:nurse48:20170410140130j:plain

Ia1までは円錐切除術を行い、妊娠を継続することも可能ですが、 Ia2期以上になると次第にリンパ節などへの転移の可能性もでてくるので基本的には妊娠中であっても子宮摘出を含めた手術が必要・・・との説明・・・・。


主人も一緒に話しを聞いてくれましたが、帰り道はどうやって家に帰ったのか・・・主人と何を話したのか全く覚えていません。

 

何をしても涙が出て、ヒステリックで1日中不安で落ち着かなくて・・・。

 

数日後、再び大学病院を受診して子宮摘出以外に方法はないのか??妊娠を継続する方法はないのか??と聞きました。

 

子宮を温存出来る方法はあるけど、症例も少なく難しい手術である事、今回の妊娠を継続するのはほぼ不可能だと言われました。

 

今回の妊娠を諦めずに出産まで手術を待ってと言う方法では、リンパや他臓器への転移が進んでしまう可能性が高く、それは出来ないと言われました。

 

主人と、とことん話し合いをしました。

f:id:nurse48:20170410153929j:plain

子宮が温存出来るならまた妊娠が可能かもしれない・・・赤ちゃんも大事だけど今は自分の命を大切にして欲しい・・・子どもを持つことが出来なくても2人で仲良く暮らして行こう・・・色々な話をしました。

 

そして出した答えは今回の出産は諦めて、子宮温存の手術をすると言う事でした。

 

私の様に浸潤した子宮がんの場合は以前は子宮摘出が一般的だったのですが、未婚の方や今後妊娠を望まれる方には辛い手術です。

 

ここ数年は、子宮全摘出ではなく、その後の妊娠・出産も可能となる「広汎子宮頚部摘出術」と言う手術が少しずつ普及してきていますが、まだ一般的な治療とは言えません。

 

私はこの「広汎子宮頚部摘出術」を選択しました。

 

この術式を行える病院はまだ少なく、この術式がある事を教えてくれたドクターに感謝します!!

 

まとめ

 f:id:nurse48:20170410154153j:plain

広汎子宮頚部摘出術で子宮がんを克服し、現在は念願だった子どもを授かることが出来、仕事にまで復帰する事が出来ました。

 

現代の医学の進歩は目覚ましいものがあります。

 

子宮けいがんと診断されて辛い日々を送っている方に、少しでも希望を与えられたらと思い、執筆していただきました。

男性が浮気に走る時!浮気された看護師の話。

f:id:nurse48:20170410130556j:plain

男は浮気をする生き物だ!!なんて言う人もいますが、かっこよくてお金もあるのに浮気しない人もいれば、妻が仕事で忙しいから寂しいなんて理由で浮気に走る人、ちょっとちやほやされて勘違いしてしまう人・・・・色々なタイプがいますよね。

 

今日は、ある看護師の浮気体験談を紹介します。

 

まさかうちの旦那に限って浮気なんて・・・

f:id:nurse48:20170410140130j:plain

ウチの元旦那はかっこよくもないし、お金がある訳でもないし、大した趣味がある訳でもないし、まさかまさか私が旦那の浮気に苦しむ事になるなんて夢にも思ってませんでした(-_-メ)

 

私は子供が小さい時から常勤で復帰して、忙しい毎日ならがも仕事に家事に育児にと頑張ってきたつもりです。

 

看護師ですから夜勤もありますし、2交代制の病院なので夜勤の時は16時間家を空ける事になり、これが月に4回位あります。


土日勤務もあるし、年末年始も全部休みではありません。

 

旦那の自由な時間はタップリあったんでしょうね。

 

子供を旦那に任せていると言っても、もう小学生ですからずっと見ていなくちゃいけない年頃でもないし・・・。

 

自由になる時間もある、妻もいないし、魔がさしたんでしょうね。

 

妻にかまってもらえないとか、夫婦の時間が少なくなると男は寂しさから浮気に走るようです。

 

⇒ 浮気された夜勤看護師の話

 

今思い出してもムカつきます!

f:id:nurse48:20170410140206j:plain

浮気するのは100歩譲って仕方がなかったし、私にも悪い所は沢山あったと思うけど、浮気相手が長女の同級生の母親って思いだす度に吐き気がしてきます。

 

普通、理性のある大人2人が、子供の事を考えたら恋愛感情なんて湧かないだろうにね。

 

こんなバカ旦那なので、離婚して正解だとは思いますが、その後の娘や息子の苦しさを想像するとバカ旦那の新家族(長女の同級生家族)が住む近くに住んで同じ学校に通わせるのは、あまりに酷だと思いますよね。

 

家も近いから顔を合わせる事もあるだろうし、相手の母親とバッタリ会う事もありますし。

 

色々と考えていたら、相当まいっていたようで、ある日無気力で、人生がどうでも良い感じに思えて、死んでしまえば楽になれるのに・・・って思うようになりました。

 

今思うと、子供たちがいるのに死ぬ事を考えたなんて最低の母親だと思いますが、その時は相当に病んでいたんでしょうね、早く楽になりたい!自分だけが何でこんなに苦しい思いをしなくちゃならないんだ!!って思っていました。

 

日に日に精神が乱れて仕事にも行けなくなり、食事も全く喉を通らない・・・完全な鬱状態でした。

 

今は鬱も克服して、新しい人生に向かって前向きになっていますが、フっと辛かった思いでが蘇ってどうしようもない時があります。

 

私たちの家族は旦那のバカな行動のお陰でバラバラになってしまいました。

f:id:nurse48:20170410140241j:plain

やっぱり許す事は出来ません・・・。

 

嫌な思い出は早く忘れて、子供たちの為にも元気に母親になりたいなと思っています!(^^)!

 

 

まとめ

f:id:nurse48:20170410140313j:plain

 看護師は夜勤もありますし、すれ違いから浮気される人も少なくありませんね。

 

私の周りの看護師だけかもしれませんが、看護師と消防士の夫婦は多いです。

 

夜勤があるもの同士、それぞれの大変さがわかるからなのでしょう。